ルナベリー 副作用

副作用の心配無用のルナベリー

生理前になると、些細なことでイライラしたり、何かに覆われているようなモヤモヤ感に襲われる女性は多いようです。心の不調に加えて、頭が重かったりお腹が張ったりして、普段のように活動できない人もいます。この体と心の不調が毎月訪れると思うと、ブルーになってしまうでしょう。
このブルーな気分から救ってくれるのが、ルナベリーです。
ルナベリーは、母乳にも含まれる多機能性たんぱくのラクトフェリンや、ポリフェノールの一種の亜麻リグナンの他に、健康食品などでお馴染みのイチョウ葉エキスや葉酸を成分としてつくられています。このため、副作用もなく安心して飲むことができます。誰でも、効果があっても副作用が心配なものです。
ルナベリーなら、副作用の心配もなく、毎月の女性特有の不調から救ってくれるでしょう。


ルナベリーによる副作用とは

女性にとってホルモンバランスが崩れたり、生理前の精神的不安定はとても辛いですよね。ホルモンバランスの崩れによる体調悪化や精神的不安定に悩まされている人によく服用されているルナベリー。服用することにより、PMSや生理痛緩和が期待され実際に効果もあるといわれています。しかしサプリメントとはいえルナベリーが身体に合わず副作用がみられる方も多いようです。一般的に多いのは、アレルギー症状。ルナベリーは大豆が含まれています。ですから、大豆アレルギーの方は服用を止めておいたほうが良いようです。副作用により体調が悪化することもあるようですから、生理痛が酷かったり、PMSでお悩みの方は、サプリメントを自分で選ぶより病院に行くことをお勧めします。

ルナベリーの副作用について。

ルナベリーは、生理前の辛い痛みやイライラ、身体のだるさなどを軽減することが出来るサプリメントです。
チェストベリーや9種類のハーブ、ビタミンBやイソフラボンなども豊富に配合され、PMS症状を緩和するとともに、生理中に起こりやすい肌荒れやニキビなども予防することができます。
ルナベリーを服用し、副作用の心配は少ないとされていますが、服用した人全員に副作用の症状が出ないというわけではありません。
稀に、副作用として、胃腸の調子が悪くなったり、アレルギー症状が出る、頭痛、吐き気、倦怠感などが出る場合もあります。
効果がないからと過剰摂取することは避け、ルナベリーの飲み方や飲む量をきちんと把握することが大切です。

 


このページの先頭へ戻る